So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
スピリチュアル体験記 ブログトップ
前の10件 | -

散策話題。ある墓所での体験。 [スピリチュアル体験記]

この記事は10月23日に記事を書いています。いつも閲覧ありがとうございます。今日は各国の霊的波動観測は、いったん休止して10月23日に経験した、ちょっとホラー?(ヒーラーさんや霊感の強い方にとっては日常かと思いますが…)な話題を…ややネガティブなエネルギーのある記事になってしまうので、敏感な方は要注意です。

10月23日 真言宗の妙法山阿弥陀寺(みょうほうざん あみだでら)に出かけてきました。寺の聖域は安定したエネルギーを出している場所が多く安心できました。寺から70メートルほど離れた森林道では、まるで母性すら感じさせる優しいエネルギーが流れています。そこで写真を収めていました。写真撮影をしながら
「ここで瞑想や霊気ヒーリングなどを行えば精神病すら効果が発揮できそうだ」
誰かが見ている雰囲気がしたので脇道の上を見ると、数体のお地蔵さんが笑ってこちらを見ています。
あ~、この安心感の正体はこの仏様たちですね。ありがとうございます。

そのとき撮影した林道の写真

2015.12.26.JPG
さて、帰るときに何を思ったのか、運転をしていた父が突然、墓地へ。墓地の駐車場に自動車を止めると父は1人でお世話になった先生(?)の墓石の元へ。駐車場に着くや否や、心臓がドキドキ。そして不思議な緊張感。
「うわ…変なところに来たよ。落ち着いてお茶でも飲もう」
そう思ってお茶を飲むと…
「ん? まずい? 何このお茶?」
そう思って前を見ると、数メートル前に無縁仏の墓がたくさん並び、仏様(未成仏?)と思われる方が…。皆さまも墓所やネガティブな霊的なスポットに出かける時はご注意ください。

<記者スマイリーの霊気ヒーリング・スピリチュアルショップはこちら>
http://kumanoderefresh.holy.jp/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ヨーロッパの危機を警告? スピリチュアル体験記 [スピリチュアル体験記]

スピリチュアルファンの皆様、こんにちは。スピリチュアル記者のスマイリーです。(この記事は2015年10月8日に書いています。2か月も記事で申し訳ないです)
9月の末から10月上旬にかけて、主に夜…特に寝る前に多くの方々が接してきます。接してくるといっても人間ではありません。霊界からの住人であります。特にヨーロッパの元上流階級の方々ですね。16世紀ぐらいのスペイン人(?)の貴族の方(?)。ブロンド髪の若い女性など、ヨーロッパの元上流階級と思われる方々が現れます。そして多くのヨーロッパの方々が口にするのは(カタコトの日本語をしゃべっている方もいる)
そして私の元に、訪れる人々は多くの方々が
「数年以内にヨーロッパは危機的な状況に陥る。助けてほしい」
という趣旨のメッセージでした。さらに本日(2015年10月8日)、あまりにも体調が悪いので仕事を休み、横になっていました。昼食を食べてから、また横になると、20世紀初頭から第二次世界大戦前(?)のロシアやオーストリア(?)の上流階級の娘さん(?)が当時の困ったヨーロッパ情勢…
「このままでは革命が起きてしまう…」
「ドイツの政治関係と結びつきを強めた方が方がよい(?)」
といった方々の緊迫したやり取りの様子を古い映画のワンシーンのように見せた後、
「このままではヨーロッパは革命が起きてしまう」
といった焦りともとれるメッセージが届きました。これはただの夢なのか? それとも…?
とにかく詳細はよくわかりません。しかし、このままでは数年後にはEUは不安定な政情になっていくことが霊界から伝わってきます。あまりにもヨーロッパの上流階級の方々からのメッセージが多いので、今度、本格的に高次元の霊体(エネルギー体と霊界通信に入りたいと思います)。また日本語がわかるヨーロッパの上流階級の方々とももし霊界通信でつながれば、情報をいただき掲載をしたいと考えています。詳細は、連絡がつき次第、当BLOGで連載をします。

2015.12.14.JPG
寝室に現れる謎の発行体。この土地に住む、精霊さんのようにも見えますが…いろいろと気になることがあり、ただでさえ不眠症なのにゆっくりと眠れません。これから、国際情勢はどうなるんだ!?

<記者スマイリーの霊気ヒーリング・スピリチュアルショップはこちら>
http://kumanoderefresh.holy.jp/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

気の玉を作る実験 [スピリチュアル体験記]

今日のBLOGの記事は気の玉を作って瞑想中や霊気(外気功)の施術中にネガティブなエネルギーが入ってこないよう“気の結界”を作るという練習(?)です。気の結界の作り方は前回、代表的なものを紹介したばかりですが、やはり気の結界を作るには実際に練習をしているところを皆さまにお見せするのが一番良いのではないかと考え、挑戦してみることにしました。画質が若干悪いですがご了承ください。気の結界は、両手を気功の出やすい状態にしてサッカーボールのイメージをする。これだけです。本当に結界に効果があるのか? 早速試してみました。もちろん2~3か月は練習が必要でしょうが、実際に作ってみてどのような反応があるか試してみたいと思います。
それでは、やってみましよう。うまくいくといいなあ。

2015.11.23.JPG
さっそく気のボールを作ってみます。気のボールは最初はソフトボールぐらいの大きさから、サッカーボールぐらいまで大きくするそうです。で…作っていると何か気配がするので見上げると、白い和服姿(?)の女性が
「気の玉がほしい」
と言ってきたので作りかけのボールを渡すと表情が変わりました。
…そして気のボールを作り始めて30分ぐらいすると、おかしなエネルギーがうじゃうじゃ集まってきたので中止しました。まいった…また再挑戦したいと思います。それにしても参った。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

過去世を見つめる(後半) [スピリチュアル体験記]

全国、スピリチュアルファンの皆さま、おはようございます。
本日、記事を書いているのは2015年9月11日です。これからもコツコツと記事を連載していきますね。さて今日の記事ですが[過去世]を検証するです。
スピリチュアル記者、スマイリーの過去世とは何だったのか? 鑑定してもらった結果、意外な結果がでました。鑑定者は[癒しの杜(りゅう)先生です。

スマイリーの過去世を鑑定すると、900年ぐらい前、カンボジアかタイで僧侶をやっていたようです。変わった子供で幼少のころから仏の教えにそったことばかり言う子供だったようです。12~13歳で仏門に入門し、ただひたすら、
「社会に役立ちたい」
「人々の苦しみを和らげたい」
という純粋なモチベーションから来ていたようです。これは現世でも当てはまる事が多く驚きました。
そして、仏門で修行して、僧侶の団体のトップになった自分は自分の死ぬ日もわかっていたようです。なるほど…それで何かあったら、神や仏、天使やフェアリーなどが降りてきてアドバイスをくれるんですね。さて現世と、どのような共通点があるのかまとめてみました。

[過去世]⇔[現世]
仏の教えをいう変わった子供  ⇔  一人で宇宙人と交信しているなど意味不明なことを話す子供
13歳で仏門に入る  ⇔  中学生時代、仏教の書籍を読み漁る子供
仏道を極める  ⇔  霊気ヒーラー、治療家であり、治療にチベット仏教の影響を受ける
死ぬ日がわかっていた  ⇔  マントラ(真言を唱えていると、時々、霊界から連絡が来る、寿命も大体検討がついている)
人々の相談に乗っていた僧侶  ⇔  困った人々を格安で治療をしたり、無料で相談に乗っている

<おまけ>
現世ではスピリチュアル系記者、研究者として活動中。

簡単に整理しましたが、過去世の影響は大きいですね。現世と過去世は完全につながっているようです。問題は900年前に比べてインフラが発達しているという点。このインフラをどう活用するかが今後の大きなポイントとなりそうです。まったく初対面の先生にここまで現世との共通点を指摘されると、やはり人間は輪廻転生をするというのは本当のようです。体の重たさから通常意識に上がってこない過去世の記憶。自分自身がどう生きていくか、考えるヒントがあるといえそうです。

朝日の太陽。本当に暖かいです。今日も無事生きていることを神に感謝。いつもありがとうございます。
2015.11.13.JPG

[癒しの杜]サイトはこちら
http://www.iyashino-mori.net/

過去世を見つめる(前半) [スピリチュアル体験記]

こんばんは。この記事を書いているのは2015年8月27日です。そろそろスピリチュアルなBLOGの記事を掲載しなくては…。 今回は、スピリチュアルリズムや仏教的な考え方にある【輪廻転生(りんねてんせい)】について考えていきたいと思います。長い記事なので2回に分けますね。輪廻転生とは3次元世界(物質的な現代の世界)で生物が滅ぶと、魂のみになり霊界(魂だけの世界)に戻った後、また魂の成長を目指して学びなおすために霊界から3次元世界に戻ってきて人生でさまざまな経験を積むという考え方です。
本当に過去世はあるのか? 検証したところ、過去世の記憶を持つ人々がいるとの情報があり調べてみました。調査してみると過去世は確かに存在するようで、ただ肉体に魂が宿るとその重さから表面意識に上がってこないだけのようです。また過去世は現世にも人格や人生に大きな影響を及ぼしており、過去世の影響から病気になってしまう事例もあるようです。

沖縄県で有名な精神科医師 越智啓子先生の著書【人生のしくみ】によると、人生の過去世を調べる方法として代表的な方法は以下の通りです。

1 ヒプノセラピー(過去退行催眠療法)
【アメリカの精神科医 ブライアン L ワイズ博士が考案した催眠療法によって潜在意識の下にある過去世の記憶を探り出す方式】

2 過去世リーディング
【過去世の情報は染色体の中にあると考えられるアカシックレコードにアクセスし情報を読み取ってみる。本人がいなくても、遠隔霊視(?)でわかるようです】

3 チャネリング
一種のトランス状態に意図的に意識を持っていき、高次元のエネルギー体から自分の過去世や生まれてきた意義、目的などを確認する作業です。

4 デジャブ
過去世にゆかりのある映像や音を見ると、懐かしさなどがこみ上げてくる感情。

などが著書には記されていました。さて、ブログの記者であるスマイリーの過去世はあるのでしょうか?
実はスマイリーにも、これは過去世の映像じゃないだろうか? レイキをやったり、瞑想したりしてると、この世とは思えない映像や声、過去世と思われる風景(?)などが浮かんできます。そして霊界からと思われるメッセージも多数届いており、自分の過去世がどうしても気になったので調べてみることにしました。そして、スマイリーの過去世を鑑定のプロに依頼した結果…意外な結果が…。

2015.11.8.JPG
地元の神社で撮影した鳥居。無人の社ですが、ここでは朝、いつもすがすがしい気が流れています。 神様、本当にありがとう。これからも自分なりに精進いたします。このブログを閲覧していただいている皆様に素敵な気づきが訪れますように…。

<おまけ…Short take radioを作ってみました>
Short take radio第11回作品を作ってみました。次回からはスピリチュアル系ラジオを中心に配信していきたいと思います。お楽しみください。





スマイリーの整体・霊気ヒーリングショップはこちら↓

http://kumanoderefresh.holy.jp/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

霊気療法とアトピー性皮膚炎の関係 [スピリチュアル体験記]

さてブログも本格的に連載をしてきたいと思います。このブログの記事を書いているのは2015年8月26日…だいぶ前に下書きをしていてすみません(汗)今日は臼井式霊気療法とアトピー性皮膚炎についてです。霊気療法とは大正11年に臼井先生によって考案された便利な手当療法(外気功)であり信仰ではありません。アメリカでは看護師を目指す学校などで霊気のワークを取得すると単位が7~8つもらえるようです。アメリカやイギリスの病院では日本伝統の手当療法として市民権を得ていますが、日本国内では、“スピリチュアル詐欺”という認識や偏見が曲がり通っているようです。霊気は殆どの人がしっかりしたスクールでスクーリングすれば2~3年もすればある程度使いこなせる便利な手当療法なのですが、日本発の技術でありながら医師ですら知らない人もいるのが現実です。…残念。

ところで今日、群馬県を代表する気功の先生のホームページで気功の学科を学習していたら、興味深い記事がありました。自分はアトピー性皮膚炎になりやすく、ステロイド剤の軟膏を外側から患部に塗って治療しているのですが、この“気功の達人”の先生は
「アトピー性皮膚炎になりやすい人は内臓の気の流れが悪い」
とコメントをしています。ステロイドは腎臓の上にある、副腎という臓器で作られるので、
『副腎の機能が悪いのでは無いだろうか?』
そう考えて早速、アトピー体質の自分自身の体で試してみる事にしました。
(ちなみに、霊気療法は学んで2年半になります)

さて腎臓の上を探して霊気エネルギーとつながり、手がホワホワと温かくなってきたので副腎の上に手をあてました。
『うわ! 手は温かいのに、副腎が冷たい。ヒヤっとしている』
そうなのです。知らないうちに、内臓の気の流れが悪いのか、副腎の機能の低下なのか、とにかく副腎が冷たいのです。
『うわー、まずいなあ。毎日、霊気エネルギーを流さないと』
というわけで、自分の体で毎日、副腎や臓器に霊気エネルギーを流して“内臓の冷え”を改善してみようと思います。これでアトピー体質は治るかな…。また時々レポートします。

2015.11.6.JPG
2015年7月に撮影した花のフォト。ピンクの花、ピンクはカラーセラピーでは母性や愛情を表すそうです。優しい色ですね。癒される。

真夜中の訪問者 再び [スピリチュアル体験記]

皆様、こんばんは。最近、更新をサボってすみません。2014年11月13日の記事は【真夜中の訪問者】(スピリチュアル体験記)についてブログをつづりたいと思います。11日の真夜中(?)です。11日の夜、まったりと動画を視聴していましたが、気分が悪くなりベッドの上で横になっていました。
…うん? 誰か部屋に入って来た?
どうやら、女性のようです。もう亡くなった方のようですが…。とりあえずコンタクトを試みてみることにします。話を聞いてみるとこの女性は、病で一人亡くなったとの事。私が病気なので心配して様子を見に来てくれたようです。この女性の話だと、
「あなたの力(?)霊感を必要としている人がいる、体は大切にして欲しい」
とのメッセージを頂きました。
うーん…確かに健康第1だよなあ。もっと健康に気をつけないと。自分のつくった動画がせめて常時500再生ぐらいあれば、ちょっとはマシになるんだが(笑)
その後、コンタクトを取った後、気になったのでデジタルカメラで撮影しました。その時のフォトがこちら。

2014.11.13.JPG
左下に大きな白い発光体。右にも小さな半透明の発光体がありますね。玄関のフラッシュ…拡大してよくみると女性の顔らしき方が…。自分を必要としてくれてる人がいる…。体が悪いけどコツコツと頑張って見ようかな。今日はここまで…みんな閲覧ありがとう。

P.S.ブログの容量950MB以上余っている。まだ1500記事は書けそうです。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

真夜中の訪問者 [スピリチュアル体験記]

皆様、こんにちは。2014年10月24日の記事は【真夜中の訪問者】についてブログをつづりたいと思います。霊的な感性が強くなり、死者や精霊などと“対話”や“見える”といった4次元世界との交流能力を持つ人は増え続けていると言われています。(スピリチュアル系ホームページなどで議論されている模様)国同士の大きな戦争が減り、人類全体の霊性の進化が始まっているのかもしれません。スピリチュアル系番組はすっかり、TVなどで定着した感があります。

さて、ここから先の話は、私個人の主観がでていますが、明らかに霊的感性を持つ人が増えてきている現在。これから200年、300年ぐらいかけて人間は3次元世界的な現在から魂を重視する霊的世界(4次元?)へと少しづつですが進歩していくような気がします。核戦争などの大きな混乱がなければの話ですが。

さて、昨日、就寝前に色々と女神様(?)やらこの土地にすむ精霊などが部屋にあつまってきました。
『ムム…今日も誰かが来たな』
静かに様子を見ていましたが、“攻撃を仕掛ける”といったモノノケのような存在ではなくこちらを観察しているような感じです。
『うーん…気になるなあ』

カメラを持ってきて気になる箇所を撮影してみました。そのときの写真がこちら↓
10.24.JPG
…。やっぱり、この土地に住む精霊さん(?)のようです。フワフワと浮いています。 攻撃的ではないので気にせず眠ることに…神様、精霊さん…おやすみ…むにゅむにゅ…。(笑)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

御稲荷様の声 [スピリチュアル体験記]

皆様、こんにちは。2014年8月31日の記事は【不思議な体験】についてブログをつづりたいと思います。不思議な体験といっても、スピリチュアルな体験のお話です。8月26日、体調が不安定で中々、眠れずYOU TUBE(動画投稿サイト)にアップロードされた、動画をみていました。見ていた動画は陰陽師(おんみょうじ)についての動画です。動画を見ていて
ふむふむ、霊との向き合い方はこうやってするのか
そう思って動画の閲覧が終わりかけ、そろそろ寝ようとした時でした。
『…。部屋の中で誰かが見ている
部屋の中を見渡すと、霊体と思われる気配がするのです。時刻は午前2時半~午前3時頃です
むう、時間帯もそうだし、誰かが来たな。しかもあまり高級霊ではない
そう考えていたとき、御稲荷様と思われる声がしました。
お主、この部屋に霊が集まってきているが分かるかの。このへんじゃ
そんな声が聞こえたのです。御稲荷様の声が聞こえたので、たまたま、手元にあったデジタルカメラでパシャ。撮影しました。すると、その写真には…。

【2014年8月27日 午前3時頃の写真】
2014.8.31.JPG

白い玉のような発光体が無数に写っています。(フォトをクリックして拡大してみよう)この土地に住む精霊もいるようですが、中には身成仏と思われる霊体もチラホラ。27日の昼頃、原因不明の頭痛で大変でした。部屋を離れると頭痛が治まるのですが、部屋に戻ると、ズキズキと頭痛がします。頭部にレイキを当てると、苦しそうなうめき声が聞こえてきます。 数時間後、聖母様や高貴な仏様に助けてもらいましたが
【霊感体質の自分が深夜、霊体の写った動画視聴などは避けるように】
と霊界より指示があり、今は控えています。聖母様や仏様が降りてくるようになり、自然と頭部の痛みが引き始めました。夜は早めに休んだ方がよさそうです。

おまけの写真をもう1枚
お稲荷さん2.JPG
近所の神社で撮影したお稲荷様。いつもありがとう。

お盆に出会った御先祖様(?) [スピリチュアル体験記]

皆様、おはようございます。2014年8月16日の記事は【お盆】についてブログをつづりたいと思います。8年ほど前、過労で倒れ、致命傷寸前だったところを色んな方々に支えて頂き、現在にいたりました。その時、良く神社で手を合わせていたので、霊的なもスピリチュアルな世界…を身をもって知る事になりました。
霊的な何かに、敏感になり霊的な気配を感じた部分をデジタルカメラで撮影。いつのまにか自分のデジタルカメラには不可解な写真がいっぱいです。

さて、8月13日、田舎に帰っていた私は、不思議な体験をしました。お盆の迎え火(仏様を迎える炎)をたき、手を合わせていると、仏様が沢山集まってくる気配がします。
わ…仏様が集まってきた
そう思いながら迎え炎をみていました。ちなみに迎え火を燃やすダイジェストを動画にしたので見て頂ければ幸いです。動画はこちら↓


松の木も燃えて実家にはいります。部屋に入ってゴロゴロとしていると、
『誰かが、こっちを見ている』
見ると、お婆さん。祖母なのでしょうか? 私は知りませんが老婆がいます。
「この方はだれだろう…うにゅ、うにゅ…(←オイ)」
気になって写真をパシャ。撮影しました。その時の写真がこちら

2014.8.16kakou.jpg
赤○の部分に注目して下さい。クリックして写真を拡大すると、白い発行体が浮かんでいます。ご先祖様かな?不思議な出来事でした。皆様も素敵な夏をお過ごしください。

前の10件 | - スピリチュアル体験記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。